こんにちは、岩根建築です。

私たちは在来工法という、日本に古くからある伝統工法を発展させた技法を用いて施工を行っています。

まさに”古き良き”この技法ですが、とても自由度が高く、オーダーメイドな間取りが実現できることを知っていましたか?

そこで今回は私たちが取り入れているこの在来工法の基本的なお話からしていこうと思います。

そもそも在来工法とは?

木造在来工法とは、日本に古くからある伝統工法を発展させたものです。木造在来工法とは、柱と梁を組み合わせて建物を組み立てていく方法になります。そのため「木造軸組構法」という言われ方もします。以前は、木造在来工法とは地震時に揺れやすい建物でしたが、金物などが発達・改良されていき、以前と比べると今では耐震性もかなり高くなってきています。何よりも、長年に渡って日本の気候風土の中で発展してきたこの工法は、様々な点で日本の環境に適した工法となっています。

在来工法のメリットって?

在来工法は、外観のデザインや、内装の間取りの変更に自由度が高く、個人の好みに合わせた設計を実現できます。建築後も、間取りの変更など、壁を自由に移動することができるのが魅力です。建物の強度は、壁の面積が広いほど高くなりますが、主要な補強壁でなければ、その壁を取り除いて、大空間に変更することも可能です。 また、逆に、壁を作り、ふすまを取り付け、部屋を仕切ることも可能です。洋室の一部に畳を張り、ふすまで仕切れるようにしておけば、急なお客様があった時に、プライベート空間を確保でき、住まいやすくなるでしょう。

自由度の高いリフォームなら岩根建築へ

ここまでブログを読んでくださりありがとうございます。

菊池市、菊池郡を中心に住宅リフォームや内装リフォーム、新築住宅を請け負っている岩根建築では、昔ながらの在来工法で自由度の高いリフォームや建築を承ることができます。

ご興味のある方は是非一度お問い合わせください。

連絡先:090-7150-8757